美大を卒業して念願のグラフィックデザイナーとしての仕事を始められたのはよかったのです。
しかし、やはりというべきか、すぐに活躍するなんていうことは無理な世界ですね。
それこそ有り余る才能があれば別なのでしょうが、私ぐらいのデザイナーって結構多かったりするわけですよね。
当然自分だって努力をしているわけですが、なかなか認められなかったりもするのです。
毎日のように他の人のデザインしたものを手直ししたりなどの、実に地味な作業をやらされ続けてしまっている感じでした。
その間も自分が作ったデザインを上司に見せたりはするのですが、あえなく却下ばかりでした。
これ私の才能云々というよりも、上司のセンスの問題なんじゃないのか?って思うようになりました。
そりゃものすごい天才だとは思ってはいませんけど、私だってそこそこの力はあるつもりなんです。
しかし、上司が全く認めてくれないという状況なのでした。
このままこのデザイン事務所で仕事をしても、芽が出ないのではないか?という恐怖心を持つようになってしまったのです。
私は上司に潰されてしまうかもしれない、いつまでもここにいてはいけないと考えるようになりました。
芸術家ではないものの、クリエイターの1人でもあるのだから、やはり独立は必要なのかもしれないって思いました。
しかし、独立するにしても生活費などをすればいいのか、こういった問題もあるのですよね。
独立したいなと思っている私に、美大時代の友達からLINEが来ました。
そして、お金くれる人を見つけたから独立すると言い出したのです。
なかなか理解できなかったのですが、我に返った時は「ほんとに?」って、スマホを片手に声を出してしまっていました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パトロン募集サイトBEST5
パトロン探しの達人に教わったサイト